日本の民話 第374話  昼ご飯のただ食い



    (出典 ximg.retty.me)


     むかしむかし、たいさくという、とんちの名人がいました。

     ある日の事、たいさくは山へ仕事に出かけましたが、お昼になってお弁当を忘れてきたことに気がつきました。
    「しまったなあ。今さら取りに帰れないし、なんとかただで昼ご飯を食べることは出来ないだろうか?」
     そう考えていると、ちょうど一軒のお百姓(ひゃくしょう)さんの家がありました。
     うまいぐあいにおかみさんが、昼ご飯の用意をしているところです。
    「しめしめ、あそこで、ごちそうになろとするか」
     たいさくは、いかにも困ったような顔で家の中に入っていきました。
    「さっき弁当を食べたら魚の骨がのどにささって、痛くてかなわんのだ。ご飯をのみ込めば、取れると思うのだが」
    「そりゃ、お気の毒に」
     そう言うとおかみさんは、お茶わんにご飯を入れて持ってきました。
    「いやあ、もうしわけない」
     たいさくはお茶わんのご飯を口にほおばると、ゴクリとかまずにのみ込みました。
    「どう? 骨は取れたかい?」
     おかみさんが言いましたが、たいさくは首を横に振って、
    「いいや、まだ取れない。もう少しなんだが」
    と、ご飯のおかわりをもらいました。
    「どう? 骨は取れたかい?」
    「いや、あと少しだから、もう一杯」
    「どう? 骨は取れたかい?」
    「うーん、もう少しだから、あと一杯」
    「どう? 骨は取れたかい?」
    「ふむふむ・・・」
     何杯もご飯をおかわりしたたいさんは、大きくなったお腹をさすりながら言いました。
    「ああっ、取れた、取れた。おかげで助かったよ」
     こうして腹一杯にご飯を食べたたいさくは、山の仕事に戻っていきました。
       おしまい








    (出典 tk.ismcdn.jp)



    【コロナ「脳細胞を乗っ取り、自己複製している明確な証拠」 脳細胞を窒息死させるステルス病原体・・・・】の続きを読む



    (出典 toyokeizai.net)



    【 菅内閣を「かん内閣」 麻生副総理が2回言い間違い !!!!】の続きを読む



    (出典 refinelifekaz.com)



    【ジャパンライフ、元会長ら詐欺容疑で14人逮捕へ 被害総額2000億円か 桜を見る会の招待状で勧誘 ・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ