怪談百物語 第13話 : 人食い婆と、おつなの頭



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


     むかしむかし、あるところに、おつなという女と、その婿(むこ)が住んでいました。
     ある日、婿は仕事で遠くへ行く事になりました。
    「なるべく早く戻って来るから、しっかり留守を頼んだぞ」
     婿が出かけたあと、おつなは一人でなわを編んでいました。
     するとそこへ見知らぬおばあさんがやって来て、おつなの編んでいるなわをいろりにくべたのです。
    「なっ、何をするんだよ!」
     おつなが止めても、おばあさんは知らん顔です。
     そのうちに燃えてしまったなわの灰を、おばあさんはムシャムシャと食べ始めたではありませんか。
    「・・・!」
     おつなはびっくりして逃げ出そうとしましたが、体が震えて立ちあがる事も出来ません。
    「ヒッヒヒヒ、そんなら、明日の今頃、また来るでな」
     おばあさんは灰だらけの口でニヤリと笑い、外へ出ていきました。

     次の日、おつなは怖くて仕事も手につきません。
     おばあさんが来る頃になると、カヤの実を三粒持って、二階のつづら(→衣服などを入れるかご)の中へ隠れました。
     やがて、おばあさんがやってきました。
    「おや、いないのか?」
     しばらくいろりのまわりを歩いていたおばあさんは、階段を登り始めました。
     おつなは、おばあさんを驚かそうとして、
     カチン!
    と、カヤの実を噛みました。
     おばあさんは、その音にハッとして足を止めます。
    「はて、何の音かな?」
     それでもおばあさんは、階段を登ってきます。
     おつなはもう一度、カヤの実を口に入れて、
     カチン!
    と、噛みました。
    「何だか、嫌な音だね」
     でも言うだけで、足を止めようともしません。
     足音が、どんどん近づいてきます。
     おつなは、怖くて怖くて息が詰まりそうです。
    (お願い! あっちへ行って!)
     おつなは思いきって最後のカヤの実を噛んで鳴らしましたが、もう、おばあさんはびくともしません。
    「ふふふ、におうぞ、におうぞ」
     おばあさんは二階に来て、そこら中をかぎまわりました。
    (ああ、もう駄目!)
     おつながつづらの中で手を合わせた時、がばっと、ふたが開いたのです。
    「おおっ、いた、いた。今日は、お前を食いに来たよ」
     おばあさんはおつなを引きずり出すと、足からムシャムシャ食べ始めて、あっという間に体のほとんどを食べてしまいました。
     でも不思議な事に、おつなは死なずに、まだ生きていました。
    「ああ、うまかった。残りは明日にとっておこう」
     おばあさんは頭だけになったおつなを戸棚の中へしまうと、ゆっくり家を出ていきました。

     次の日の朝、そんな事とは夢にも知らない婿が、家に戻ってきました。
    「おつな、今帰ったぞ。・・・おい、おつな!」
     いくら呼んでも、返事がありません。
    「おかしいな」
     家中を探しても、やっぱりいません。
    「それにしても、腹が減った」
     そう思って、なにげなく戸棚を開けて見ると、何とおつなの頭が棚に乗っていて、うらめしそうにジッとにらんでいるのです。
    「うえっ!」
     びっくりした婿が転がるように逃げ出すと、おつなの頭がコロコロと転がってきて、婿の胸にかぶりつきました。
     婿は仕方なく、おつなの頭をかかえたまま外へ飛び出しました。
     すると、おつなの頭が言ったのです。
    「お前さん、わたしをおいて逃げるつもりかい?」
    「と、とんでもない! お前は、おらのかわいい女房だ!」
    「そんなら、わたしにごはんを食べさせておくれよ」
     婿は仕方なく、人に見えないようにおつなの頭を抱いて宿屋へ行き、二階に部屋を取って料理を運んでもらいました。
     おぜんの前に座ったとたん、おつなの頭がおぜんの上に飛び降りて、
    「さあ、食べさせておくれ」
    と、口を開いたのです。
     いくらかわいい女房でも、気味が悪くてがまん出来ません。
    「かんべんしてくれ!」
     婿はいきなりおつなの頭におはちをかぶせて上から帯をまきつけると、そのまま階段をかけ降りて、いっきに外へ飛び出しました。
    「お客さん、何事ですか?」
     驚いた宿屋の人が追いかけようとしたら、二階からおはちをかぶせられた女の頭が転がってきます。
    「お、お化け!」
     そう言ったきり、宿屋の人は気を失いました。
     おつなの頭は宿屋から転がり出て、婿を追いかけました。
    「た、た、助けてくれー!」
     婿は叫びながら、必死に走り続けます。
     どこをどう走っているのか、まったくわかりません。
    「お前さーん! お前さーん!」
     おつなの声が、すぐ後ろから追ってきます。
    「もうだめだ!」
     はっと気がつくと、目の前に菖蒲(しょうぶ)とヨモギの生えた草むらがありました。
     婿は夢中で、その草の中へ倒れ込みました。
     すると、どうでしょう。
     草むらの前まで追ってきたおつなの頭が、くやしそうに、
    「くそっ! 菖蒲やヨモギさえなかったら」
    と、言って、元来た方へ転がっていったのです。
    「やれやれ、助かった。それにしても、菖蒲やヨモギが魔除けになるのは本当だったんだな」
     婿は、ほっとして立ちあがりました。
     そして菖蒲とヨモギをたくさんとって帰り、家の窓や戸口にさしておくことにしたのです。
     おかげで人食い婆も、おつなの頭も、二度と家へはやってきませんでした。

     今でも五月五日に、菖蒲やヨモギを軒下にさすのは、人食い鬼や魔物を追い払うためだそうです。

    おしまい








    本田望結、リンク開きに登場!今年だけで身長6、7センチ伸びた・・・


    本田望結、つるんつるんのリンク開きで大人びた姿見せる「今年に入って6、7cmぐらい身長が伸びました」 本田望結、つるんつるんのリンク開きで大人びた姿見せる「今年に入って6、7cmぐらい身長が伸びました」
    フィギュアスケート選手で女優の本田望結が16日、グランフロント大阪・うめきた広場の特設スケートリンク「ウメダ☆アイスリンク つるんつるん」にて、リン…
    (出典:エンタメ総合(デビュー))



    (出典 storage.mantan-web.jp)


    女優でフィギュアスケーターの本田望結(14)が16日、大阪・梅田に17日オープンするアイスリンク「つるんつるん」(来年2月24日まで)のリンク開きセレモニーに登場した。
    氷上で今季エキシビションのプログラムを特別版で披露し、観客は大喜び。囲み取材では今年だけで身長が6、7センチ伸び1メートル58になったと明かし「どこか痛くなったりすることがなく、むしろジャンプが安定してきました」と笑顔で話した。

    【本田望結、リンク開きに登場!今年だけで身長6、7センチ伸びた・・・】の続きを読む


    松岡茉優が安藤サクラに「悔しい」「追い越したい」・・・


    松岡茉優、最優秀女優賞も「完全な2位」…安藤サクラの演技に感服
    女優、松岡茉優(23)が17日、東京・多摩市のパルテノン多摩で行われた「第10回TAMA映画賞」授賞式に出席した。 主演作「勝手にふるえてろ」や出演…
    (出典:映画(サンケイスポーツ))


    松岡 (まつおか まゆ、1995年2月16日 - )は、日本の女優、タレント。東京都出身。 ヒラタインターナショナル所属。 8歳の時、妹(松岡日菜、当時3歳)がスカウトされ、母親と共にその面接に同行した際、面接担当者に「お姉ちゃんもやってみる?」と言われて事務所に入る。このことを本人は、「妹の
    56キロバイト (6,986 語) - 2018年11月3日 (土) 04:08



    (出典 image.eiga.k-img.com)


    第10回TAMA映画賞授賞式が17日、都内で行われ、「万引き家族」に出演した安藤サクラ(32)と松岡茉優(23)が最優秀女優賞を受賞した。
    NHK連続テレビ小説「まんぷく」に出演中の安藤は欠席し、ビデオメッセージで「素敵なキャストの皆さんと出会えたことが私にとって宝物」と喜びを語った。松岡は「サクラさんが演じた万引き家族のラストシーンを見て悔しいと思った。追いつきたい、追い越したいと思います」とさらなる活躍を誓った。

    【松岡茉優が安藤サクラに「悔しい」「追い越したい」・・・】の続きを読む


    ドラえもん劇中に右京さんが! 「相棒」コラボの舞台裏・・・


    ドラえもん劇中に右京さんが! 「相棒」コラボの舞台裏
    ドラえもん劇中に右京さんが! 「相棒」コラボの舞台裏  J-CASTニュース
    (出典:J-CASTニュース)



    (出典 img.cinematoday.jp)


    2018年11月9日、テレビ朝日系で放送された「ドラえもん」(毎週金曜、19時)に、同局の人気ドラマ「相棒」の杉下右京(役=水谷豊さん)、冠城亘(役=反町隆史さん)が登場した。
    「番組宣伝」(=番宣)としては、異色のコラボ。これが、ネット上でも話題となっている。

    【ドラえもん劇中に右京さんが! 「相棒」コラボの舞台裏・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ