(出典 i.ytimg.com)



    【高須医師ら大村知事リコールへ団体設立 不自由展理由に !!!】の続きを読む



    (出典 www.nhk.or.jp)



    【小池書記局長、全口座にマイナンバー登録「給付のためのひも付けなら全口座ではなく1つでいいはずだ」!!!】の続きを読む


    日本の民話 第266話  貧乏になりたいお金持ち



    (出典 shop.r10s.jp)


    むかしむかし、あるところに、とてもお金持ちの家がありました。
    「もう、お金なんかいらない」
    と、いつも言っているのに、どうしたことか、お金はどんどんたまるばかりです。
     そこで貧しい人たちに、お金を貸してあげることにしました。
     そのとたん、お金持ちの家に大勢の人が押しかけてきて、ご飯を食べるひまもありません。
     しばらくたつと、今度は借りたお金を返しにくる人も増えてきて、もう大変な忙しさです。
    (弱ったなあ。このままじゃ、ゆっくり眠る事も出来ん。どうしたものか?)
     お金持ちは、色々と考えて、
    (そうか、お金がたまりすぎるから、こんな事になってしまったのだ。のんびり暮らすには、貧乏(びんぼう)になればいいんだ)
    と、気がつきました。
     さっそくお金持ちは家の表に大きな張り紙をして、次のように書きました。
    《おかげさまで、お金はほとんどなくなりました。だから今日限りでお金を貸すのをやめることにします。お金を借りた人は、もう返さなくてもけっこうです》
     張り紙のおかげで家へ来る人もいなくなり、やっと静かになりました。
    (さあ、これで貧乏になれるぞ)
     ところが元々お金持ちの家だったので、立派(りっぱ)な道具やこっとう品がたくさんあり、売ればたちまちお金がたまってしまいます。
     そこでこれも近所の人にただでやり、屋敷の庭に生えている見事な植木も全部切り倒して、たき木にしてしまいました。
     ついでに庭のあちこちにある、大きな石まで取り除く事にしました。
    「なにも、そこまでしなくても」
     近所の人が言いましたが、お金持ちは、
    「いや、何としても貧乏になり、これからはのんびり暮らすのだ」
    と、言って、大勢の人を呼んで石を運び出しました。
     すると取り除いた石のあとから、大きなつぼがいくつも出てきました。
    「おや? なんだろう?」
     おどろいてふたを取ると、どのつぼにも金ぴかの小判がつまっています。
     どうやらこの家の先祖(せんぞ)が埋めておいた物らしく、つぼのふたの裏には、
    《これを子孫(しそん)に残す。大切に使ってくれ》
    と、書いてありました。
     これには、さすがのお金持ちもまいりました。
    「なんて事だ。ご先祖さまが大切に使ってくれと書いてあるので、人にやるわけにもいかないし、・・・まったく、貧乏したいと思っているのにこんな大金が出てくるなんて、わしはよっぽど運の悪い人間だ」
    と、何度もためいきをついたという事です。
       おしまい








    (出典 biz-journal.jp)



    【「どうせ世論は忘れるから」…安倍首相、コロナ&黒川問題で支持率低下も意に介さず 「外交の安倍」始動・・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ