内田春菊、思春期に渡って過ごした家族の歪んだ関係性、義父からの性的虐待を“実母”の目線で小説に・・・


内田春菊、義父からの性的虐待を“実母”の目線で小説に。「何考えてんだこの女って怒りながら(笑)」 内田春菊、義父からの性的虐待を“実母”の目線で小説に。「何考えてんだこの女って怒りながら(笑)」
…―内田春菊さんインタビュー Vol.1― 漫画家で小説家の内田春菊さんが、自伝的長編小説『ファザーファッカー』(文藝春秋)を刊行したのは1993年のこ…
(出典:ライフ総合(女子SPA!))



(出典 croissant-online.jp)


 漫画家で小説家の内田春菊さんが、自伝的長編小説『ファザーファッカー』(文藝春秋)を刊行したのは1993年のこと。幼少期から思春期に渡って過ごした家族の歪んだ関係性や、母親の魔の手によって16歳で義父(育ての父親)に差し出され、性的虐待を受けていたことなどを赤裸々に綴ったこの作品は世間を大いに騒がせました。現在アラフォー世代の女性なら、当時、同世代の主人公が経験した壮絶な現実に衝撃を受けた人も少なくないのではないでしょうか。




たま又
@Tmkmata

参考になるとかならないとかではなく、内田春菊先生の「私達は繁殖している」が1巻無料になってて、読んだら面白かった!!育児漫画はたくさん面白いのあるけど、妊娠出産漫画も沢山あるなぁー‧✧̣̥̇‧オモロい。

2018-12-01 06:44:51

(出典 @Tmkmata)

百音(もね)@固ツイよろしく
@uni_mone_amnos

漫画家内田春菊さんのお子さんが長男 在波(アルハ)長女 紅多(ベータ)って名前でビックリした私と同じことを想像した同士いるはず

2018-12-01 03:20:43

(出典 @uni_mone_amnos)