「女性宮家創設」で自民分裂 いよいよ決断迫られる安倍首相 - NEWSポストセブン
5月に新天皇となる皇太子。秋篠宮の次の世代の男性皇族は悠仁親王1人しかいない。天皇家は公務分担の面でも、皇室会議に皇族議員が必要なことからも、将来を考えて ...
(出典:NEWSポストセブン)



(出典 www.news-postseven.com)



1 みなみ ★ :2019/04/29(月) 21:31:10.78

夜の政治
4/29(月) 16:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190429-00000011-pseven-soci

5月に新天皇となる皇太子。秋篠宮の次の世代の男性皇族は悠仁親王1人しかいない。天皇家は公務分担の面でも、皇室会議に皇族議員が必要なことからも、将来を考えて悠仁親王を支える「女性宮家」の創設を望んでいるとの見方が強い。

しかし、安倍政権の支持基盤である保守派は、「女性宮家創設は将来の女系天皇容認につながる」と強硬に反対しており、安倍首相自身も消極的でこれまで議論を先送りしてきた。

 皇室問題担当の菅義偉・官房長官は「ご即位された後、そんなに時間を待たないで」(3月18日の参院予算委員会)と新天皇即位後に具体的な検討に着手すると言及した。いよいよ結論を出そうというのだ。

「菅さんは新元号では日本会議国会議員懇談会など保守派の反対を抑え込んで新天皇即位1か月前の発表を強行したが、抵抗の強さも実感した。

以下ソースで読んで
★1 2019/04/29(月) 18:45:03.67
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1556531103/-100