会見で浮き彫り…吉本・岡本社長が松本人志に頭が上がらない理由(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース
【芸能界クロスロード】「元SMAPの3人を使うな」と民放各局に対する圧力疑惑を公.
(出典:Yahoo!ニュース)



(出典 amd.c.yimg.jp)



1 muffin ★ :2019/07/25(木) 11:50:53.36 ID:VnsnOKrd9.net

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/258969
2019/07/25 06:00



吉本幹部の対応の失態と問題点をさらけ出しただけに終わった会見。改めて浮き彫りになったのが芸能プロ社長(幹部)とタレントの関係。
芸能プロ社長は旧・渡辺プロ社長のようにミュージシャンなど芸能活動からの転身もいたが、最近はマネジャーからの叩き上げが大半。
岡本社長もダウンタウンのマネジャーとして実績を上げてから社長に昇格。芸能界は多くのスターをつくり上げた実績がそのまま出世コースにつながるという。

言い方を変えればダウンタウンのおかげで社長までなれた人。大企業にまで成長した吉本興業のトップに立った岡本氏だが、松本人志との関係はタレントとマネジャーに変わりない。一般企業で一社員が社長に物申すことはありえないが、松本は岡本氏に意見することができる立場にある。

「タレントは売れる前はマネジャーの指示に従うが、売れると立場は逆転。タレントのほうが上になりマネジャーを顎で使うこともある。自分がスターにした自負が強いと、後輩芸人には高圧的な言動をする者もいる」(芸能関係者)

岡本社長にもそんな姿勢が見え隠れする。一方で、松本に対しては頭の上がらない存在であることが容易に想像できる。
今回の会見も松本に意見された部分が大きい。社長の本性を初めて知った後輩芸人が口々に批判できるのも、松本が後輩芸人の味方という立場を明確にしていることが大きいと思う。「松本興業をつくりダメ芸人を引き取る」という話も冗談ではなく、松本が本気になって実現すれば、東京吉本が崩壊状態になるのは必定。今後の吉本の命運の一端は松本が握っているかもしれない。

全文はソースをご覧下さい


(出典 yancane-shukatsu.com)