2018年11月


    韓国、元徴用工訴訟で三菱重工業にも賠償命令・・・


    韓国最高裁、元徴用工訴訟で三菱重工業に損害賠償命令…8000万ウォン(約800万円)ずつ 韓国最高裁、元徴用工訴訟で三菱重工業に損害賠償命令…8000万ウォン(約800万円)ずつ
    …日本統治時代の元徴用工が三菱重工業に損害賠償を求めた訴訟の上告審で、韓国最高裁(大法院)は、賠償支払いを命じる判決を言い渡した。 大法院2部(主審パク…
    (出典:国際総合(WoW!Korea))



    (出典 www.zenshin-s.org)


    韓国最高裁は29日、太平洋戦争中に三菱重工業に動員された韓国人元徴用工5人の遺族が同社を相手に損害賠償を求めた訴訟の上告審で、賠償支払いを命じる判決を言い渡し、同社の敗訴が確定した。

    【韓国、元徴用工訴訟で三菱重工業にも賠償命令・・・】の続きを読む


    【続報】 及川光博、檀れいが離婚 今年に入り別居、財産分与せず・・・


    及川光博と檀れい、『円満に』離婚…7年の結婚生活に幕「笑顔で出した結論です」
    歌手で俳優、及川光博(49)と女優、檀れい(47)が離婚したことが28日、分かった。この日、及川が東京都内の区役所に離婚届を提出。慰謝料や財産分与は…
    (出典:エンタメ総合(サンケイスポーツ))



    (出典 www.sankei.com)


    今年に入って別居し、夏から離婚に向けて話し合ってきた。関係者は「2人とも仕事を優先するタイプで、仕事と家庭のバランスが取れなくなったようだ」と話している。
     2010年1月にテレビ朝日のドラマ「相棒」に檀が及川の元恋人役として出演した縁で11年7月に結婚した。しかし、同9月に及川の不倫が女性誌に報じられると「仮面夫婦」などと取りざたされるようになった。

    【【続報】 及川光博、檀れいが離婚 今年に入り別居、財産分与せず・・・】の続きを読む


    『けものになれない私たち』松田龍平の“恋敵”橘カイジの“正体”にファン驚愕!


    『獣になれない私たち』 新垣結衣が挑む「大人の恋」 『獣になれない私たち』 新垣結衣が挑む「大人の恋」
    …始まらない。10月から放送の日本テレビ系オリジナルドラマ『獣(けもの)になれない私たち』は、そんなリアリティーにこだわったラブストーリーで注目されてい…
    (出典:エンタメ総合(NIKKEI STYLE))



    (出典 biz-journal.jp)


    これまで姿を現すことのなかった呉羽(菊地凛子)の夫・橘カイジの正体が明かされ、ドラマファンたちが「マジか!?えーって叫んだ(笑)」「絶妙な配役」と騒然となった。(以下、ネタバレが含まれます)
    今作は、笑顔の裏で身も心もすり減らして生きる晶(新垣)と、女にモテる敏腕会計士だが誰のことも信用していない恒星(松田)によるラブ“かもしれない”ストーリー。

    【『けものになれない私たち』松田龍平の“恋敵”橘カイジの“正体”にファン驚愕!】の続きを読む


    キンプリ岩橋に続きジャニーズ襲う病魔セクゾ松島、突発性パニック障害で休養へ・・・


    セクゾ松島、突発性パニック障害で休養へ…キンプリ岩橋に続きジャニーズ襲う病魔
    男性5人組、Sexy Zoneの松島聡(21)が28日、突発性パニック障害の治療のために一定期間、活動休止することを発表した。 21歳の誕生日だった…
    (出典:エンタメ総合(サンケイスポーツ))



    (出典 pbs.twimg.com)


     ジャニーズ事務所は28日、5人組アイドル「Sexy Zone」の松島聡(21)が突発性パニック障害の療養のために一定期間の活動を休止することを発表した。6年連続6度目の出場が決まっている大みそかのNHK紅白歌合戦は、4人でのパフォーマンスとなる。同事務所では先月末にも6人組グループ「King&Prince」の岩橋玄樹(21)が同様にパニック障害で今月初旬から活動休止することが発表されたばかりだった。

    【キンプリ岩橋に続きジャニーズ襲う病魔セクゾ松島、突発性パニック障害で休養へ・・・】の続きを読む


    「検事の癖が抜けない」山下法務大臣 論破の姿勢に異例の注意も・・・


    社説:入管法衆院通過 議論尽くさずなぜ急ぐ
    外国人の受け入れ上限について安倍晋三首相が34万人と述べたのに対し、山下貴司法相は「上限はない」と答弁した。 政府は矛盾を追及され、安倍首相が「法案…
    (出典:京都(京都新聞))



    (出典 contents.gunosy.com)


    出入国管理法(入管法)改正案を担当する山下貴司法相の答弁に野党が批判を強めている。質問に正面から答えず、野党議員を論破しようとする攻撃的な姿勢が先立ち、法務省内では「検事時代の癖が抜けない」との指摘も。衆院では27日、法相不信任決議案を否決したが、参院でも批判の的となりそうだ

    【「検事の癖が抜けない」山下法務大臣 論破の姿勢に異例の注意も・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ