2018年11月


    怪談百物語 第22話 : おいてけぼり



    (出典 www.tokyomxplus.jp)


     むかしむかし、あるところに、大きな池がありました。
     水草がしげっていて、コイやフナがたくさんいます。
     でも、どういうわけか、その池で釣りをする人は一人もいません。
     それと言うのも、ある時、ここでたくさんフナを釣った親子がいたのですが、重たいビク(→さかなを入れるカゴ)を持って帰ろうとすると、突然、池にガバガバガバと波が立って、
    「置いとけえー!」
    と、世にも恐ろしい声がわいて出たのです。
    「置いとけえー!」
     驚いた親子は、さおもビクも放り出して逃げ帰り、長い間、寝込んでしまったのです。
     それからと言うもの、恐ろしくて誰も釣りには行かないというのです。
    「ウハハハハハッ。みんな、意気地がないのう」
     うわさを聞いた、三ざえもんという人がやってきました。
    「よし、わしが行って釣ってくる。いくら『置いとけえー』と言われても、きっと魚を持って帰って来るからな、みんな見とれよ」
     三ざえもんは大いばりで池にやって来ると、釣りを始めました。
     初めのうちは、一匹も釣れませんでしたが、
    ♪ゴーン、ゴーン。
     夕暮れの鐘が鳴ると、とたんに釣れて、釣れて、釣れて、ビクはたちまち魚でいっぱいです。
    「さあて、帰るとするか。魚はみんな、持って帰るぞ」
     すると池に波が、ガバガバガバ。
    「置いとけえー!」
     世にも恐ろしい声が聞こえました。
    「ふん、誰が置いていくものか」
     三ざえもんは平気な顔で言うと、肩をゆすって歩き出しました。
     ところがしばらくすると、後ろから誰かついてくるのです。
     見ると、それはきれいな女の人です。
     女の人は、三ざえもんに追いつくと言いました。
    「もし、その魚、わたしに売ってくれませんか?」
    「気の毒だが、これは駄目だ。持って帰る」
    「そこを、何とか」
    「駄目と言ったら、駄目だ!」
    「どうしても?」
    「ああ、どうしてもだ!」
    「こうしても?」
     姉さまはかぶっていた着物を、バッと脱ぎ捨てて言いました。
    「置いとけえー!」
     女の人の顔を見た三ざえもんは、ビックリです。
     何と女の人の顔は、目も鼻も口もない、のっペらぼうだったのです。
     しかし、さすがは豪傑(ごうけつ)の三ざえもんです。
    「えい、のっぺらぼうが何じゃい! 魚は置いとかんぞ!」
      そう言って、しっかり魚を持って、家に帰って行きました。
    「ほれ、ほれ、帰ったぞ。たくさん釣ってきたぞ」
     三ざえもんは得意になって、おかみさんに言いました。
     おかみさんは、心配そうにたずねました。
    「あんた、大丈夫だったかい? 怖い物には、出会わなかったかい?」
    「出会った、出会った」
    「どんな?」
    「それはだな・・・」
     三ざえもんが答えようとすると、おかみさんは、ツルリと顔をなでて言いました。
    「もしかしたら、こんな顔かい?」
     とたんに、見なれたおかみさんの顔は、目も鼻も口もない、のっペらぼうになったのです。
     そしてのっぽらぼうは、怖い声で怒鳴りました。
    「置いとけえー!」
    「ひゃぇぇぇー!」
     さすがの三ざえもんも、とうとう気絶(きぜつ)してしまいました。
     やがて目を覚ました三ざえもんは、キョロキョロとあたりを見回しました。
    「あれ、ここはどこだ?」
     確かに家へ帰ったはずなのですが、そこはさびしい山の中で、魚もさおも、全部消えていたということです。
         おしまい







    (続報)なぜ…花田光司氏と景子さん離婚の背景 長男の活動で考え方にズレ・・・


    貴乃花親方と離婚の景子さん「いつの間にか強くなっている私」9月に意味深ブログ 貴乃花親方と離婚の景子さん「いつの間にか強くなっている私」9月に意味深ブログ
    大相撲の元貴乃花親方の花田光司氏と、元フジテレビアナウンサーの景子さんが離婚していたことが26日、分かった。先月25日に離婚届を提出していたとも報じ…
    (出典:エンタメ総合(デイリースポーツ))



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    大相撲の元横綱で元貴乃花親方の花田光司氏(46)が元フジテレビアナウンサーの河野景子さん(54)と離婚していたことが26日、分かった。花田氏と景子さんの離婚は、子供たちの成長も含め、すれ違いの部分が大きい。特に長男の優一氏の進路について花田氏は靴職人として成長してもらいたいと思う半面、景子さんは芸能活動も含めて優一氏の活動を応援していた。
    花田氏が日本相撲協会を退職したことは、相談があったとはいえ、景子さんは納得できないこともあったという。品川区の自宅に住み、江東区の部屋に通っていた景子さんと、部屋に住む花田氏は徐々に疎遠になり、幸せの家族像が、23年半で終えんを迎えることになった。

    【(続報)なぜ…花田光司氏と景子さん離婚の背景 長男の活動で考え方にズレ・・・】の続きを読む


    (大塚愛)これからは「シングルマザーとして生きていく」という強い決意・・・


    大塚愛離婚の裏に警察騒動 不倫女性が深夜強襲「私死ぬから」 大塚愛離婚の裏に警察騒動 不倫女性が深夜強襲「私死ぬから」
    …11月21日、大塚愛(36)がRIP SLYMEのSU(45)と離婚したことを発表した。09年10月に結婚し、11年3月には長女が誕生したことを発表し…
    (出典:エンタメ総合(女性自身))



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    11月21日、大塚愛(36)がRIP SLYMEのSU(45)と離婚したことを発表した。09年10月に結婚し、11年3月には長女が誕生したことを発表していた彼女。だがオフィシャルモバイルサイトにつづったのは《幸せな毎日から、耐え難い毎日まで、とても一言では伝えられませんが、子どもとの生活を守るために決断したことです》という言葉だった。
    SUは昨年4月、モデルの江夏詩織(23)との不倫が報じられた。その影響は大きく、SUは活動自粛。他のメンバーも4人で活動し始めたが、活動休止状態となっていた。今年10月にはHPが閉鎖。今月3日にはSUがインスタで《全ての責任は私大槻一人、SUにあります》とつづっていた。実はこの不倫報道前、大塚を恐怖させるできごとがあったという。

    【(大塚愛)これからは「シングルマザーとして生きていく」という強い決意・・・】の続きを読む


    中谷美紀国際結婚、8歳上ドイツ人ビオラ奏者と・・・


    中谷美紀が国際結婚、ドイツ出身50歳ビオラ奏者と2年間の遠距離恋愛実らせた 中谷美紀が国際結婚、ドイツ出身50歳ビオラ奏者と2年間の遠距離恋愛実らせた
    女優の中谷美紀(42)が、ウィーン国立歌劇場管弦楽団とウィーン・フィルハーモニー管弦楽団でビオラ奏者を務めるドイツ出身のティロ・フェヒナー氏(50)…
    (出典:エンタメ総合(スポーツ報知))



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    女優中谷美紀(42)が、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団のドイツ人ビオラ奏者、ティロ・フェヒナー氏(50)と結婚することが24日、関係者への取材で分かった。近く正式に発表するとみられる。
    交際期間は約2年。2人が出会ったのは16年10月だった。小澤征爾氏らが指揮を務めたウィーン・フィルの来日公演に、フェヒナー氏が楽団員として同行した。

    【中谷美紀国際結婚、8歳上ドイツ人ビオラ奏者と・・・】の続きを読む


    嵐・大野の誕生日祝福「さすが坊ちゃんザマスね」八嶋智人、ドラキュラ口調で・・・・


    八嶋智人、ドラキュラ口調で嵐・大野の誕生日祝福「さすが坊ちゃんザマスね」 八嶋智人、ドラキュラ口調で嵐・大野の誕生日祝福「さすが坊ちゃんザマスね」
    俳優の八嶋智人が26日、ツイッターを更新し、ドラマ「怪物くん」で共演した嵐の大野智のバースデーを「トゥデイは坊ちゃんのお誕生日ザマすね」と、当時の役柄だっ…
    (出典:エンタメ総合(デイリースポーツ))



    (出典 nekonekonoheya.com)


    俳優の八嶋智人が26日、ツイッターを更新し、ドラマ「怪物くん」で共演した嵐の大野智のバースデーを「トゥデイは坊ちゃんのお誕生日ザマすね」と、当時の役柄だったドラキュラ口調で祝福。大野のファンからは「最高のツイートありがとう」など感謝の声が上がった。
    八嶋は「怪物くん」のビジュアルの大野、ドラキュラの八嶋、オオカミ男の上島竜兵、フランケンのチェ・ホンマンの写真をアップ。「トゥデイは坊ちゃんのお誕生日ザマすね」と切り出し「ミーもユーもハッピーザマショ?週の始まるマンデーをハッピーにするなんてさすが坊ちゃんザマスよ、サンキューザマ~ス」と、ドラキュラ口調で大野の誕生日を祝福した。

    【嵐・大野の誕生日祝福「さすが坊ちゃんザマスね」八嶋智人、ドラキュラ口調で・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ