2018年12月


    飯豊まりえ 20歳になっても「ずっと制服を着たい」・・・


    飯豊まりえ、振り袖姿を披露!父親と2人で温泉旅行「私から誘いました」
    女優、飯豊まりえ(20)が30日、イメージキャラクターを務める着物専門店「鈴乃屋」の新作振り袖お披露目会が東京都内で行われ、出席した。2着の振り袖を…
    (出典:エンタメ総合(サンケイスポーツ))


    飯豊 まりえ(いいとよ まりえ、1998年1月5日 - )は、日本のファッションモデル、グラビアモデル、女優。 旧芸名および本名、飯豊 万理江(読み同じ)。 千葉県千葉市出身。エイベックス・マネジメント所属。 2008年7月、alanの「懐かしい未来〜longing future〜」のバック・コーラス、及びPV出演し、デビュー。
    42キロバイト (5,390 語) - 2018年11月18日 (日) 10:43



    (出典 chikiyasuibuki1104.com)


     女優の飯豊まりえ(20)が30日、都内で行われた「きもの鈴乃屋 新作ふりそでお披露目会」に出席、トークショーを行った。
     昨年に続き今年も鈴乃屋のイメージキャラクターを務める飯豊は2着の新作振り袖を披露。「大人の女性になった気分です」と笑顔を見せた。カタログ用に12着の振り袖を着て、2日間にわたって撮影したというが「お着物をきれいに見せるというのが大事なところ。動かないというのが一番難しかったです」と振り返った。

    【飯豊まりえ 20歳になっても「ずっと制服を着たい」・・・】の続きを読む


    懐かしい、「特命係の亀」にネット上が騒然!トレンド1位も・・・


    <相棒17>第7話視聴率は15.1% リクガメ尾行で事件に遭遇 <相棒17>第7話視聴率は15.1% リクガメ尾行で事件に遭遇
    人気刑事ドラマ「相棒」の最新作「シーズン17」(テレビ朝日系、水曜午後9時)の第7話が28日に放送され、平均視聴率は15.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・以下同)だった。第6話の16.4%からは…
    (出典:エンタメ総合(まんたんウェブ))



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    11月28日に放送された「相棒season17」(テレビ朝日系)で、捜査一課の伊丹刑事(川原和久)が発した言葉が大きな注目を集め、一時“トレンド入り”する事態となった
    右京(水谷豊)が“リクガメ”と遭遇するところから始まった第7話。その後、リクガメを特命係で保護することになるが、そこに捜査一課の伊丹刑事と芹沢刑事(山中崇史)が、事件の手掛かりとしてリクガメを確認しに来る。
    リクガメを見つけた伊丹刑事が「特命係の亀」とポツリ。芹沢刑事も「特命係の亀だってよ」と、うれしそうにリクガメに餌をやり始めた。
    「特命係の亀」とは、もちろんかつて特命係に所属していた亀山薫(寺脇康文)のこと。番組開始時から2008年「season7」の途中まで特命係に在籍していた熱血漢の刑事だった。

    【懐かしい、「特命係の亀」にネット上が騒然!トレンド1位も・・・】の続きを読む


    内田春菊、思春期に渡って過ごした家族の歪んだ関係性、義父からの性的虐待を“実母”の目線で小説に・・・


    内田春菊、義父からの性的虐待を“実母”の目線で小説に。「何考えてんだこの女って怒りながら(笑)」 内田春菊、義父からの性的虐待を“実母”の目線で小説に。「何考えてんだこの女って怒りながら(笑)」
    …―内田春菊さんインタビュー Vol.1― 漫画家で小説家の内田春菊さんが、自伝的長編小説『ファザーファッカー』(文藝春秋)を刊行したのは1993年のこ…
    (出典:ライフ総合(女子SPA!))



    (出典 croissant-online.jp)


     漫画家で小説家の内田春菊さんが、自伝的長編小説『ファザーファッカー』(文藝春秋)を刊行したのは1993年のこと。幼少期から思春期に渡って過ごした家族の歪んだ関係性や、母親の魔の手によって16歳で義父(育ての父親)に差し出され、性的虐待を受けていたことなどを赤裸々に綴ったこの作品は世間を大いに騒がせました。現在アラフォー世代の女性なら、当時、同世代の主人公が経験した壮絶な現実に衝撃を受けた人も少なくないのではないでしょうか。

    【内田春菊、思春期に渡って過ごした家族の歪んだ関係性、義父からの性的虐待を“実母”の目線で小説に・・・】の続きを読む


    FA丸の移籍決定で原巨人は本当に優勝できるのか?


    原監督「後押し」06年FA移籍の小笠原と重なる丸 原監督「後押し」06年FA移籍の小笠原と重なる丸
    …広島から国内フリーエージェント(FA)宣言した丸佳浩外野手(29)が11月30日、巨人移籍を表明した。愛着ある広島からの残留オファーを受け、地元ロッテ…
    (出典:野球(日刊スポーツ))



    (出典 pbs.twimg.com)


    FAを行使していた前広島の丸佳浩(29)が30日、巨人入りを表明した。丸を巡っては古巣の広島、出身地である千葉のロッテ、巨人の3球団が好条件を提示して争奪戦となっていたが、29日夜に決断。この日、交渉にも出馬していた原辰徳監督に直接、「お世話になります」と電話を入れたという。
     今季の丸は、広島の不動の3番打者として、打率.306、97打点、39本塁打の成績を残して、広島のリーグ3連覇に貢献、2年連続のMVPに輝いた。原監督は、喜びのコメントを発表したが、超大物の補強成功で、巨人はどう変わるのか。丸は本当に優勝請負人となれるのか?

    【FA丸の移籍決定で原巨人は本当に優勝できるのか?】の続きを読む


    眞子さま、婚約延期も職場では「結婚します!」と幸せオーラ、小室さんは相変わらず、セレブ留学生活を続けている・・・


    眞子さま、婚約延期も職場では「結婚します!」と幸せオーラ 眞子さま、婚約延期も職場では「結婚します!」と幸せオーラ
    秋篠宮家の長女・眞子さま(27才)と小室圭さん(27才)との婚約延期が今年2月に発表されてから、9か月以上が経っているが、眞子さまは心変わりされてい…
    (出典:社会(NEWS ポストセブン))



    (出典 www.news-postseven.com)


    秋篠宮家の長女・眞子さま(27才)と小室圭さん(27才)との婚約延期が今年2月に発表されてから、9か月以上が経っているが、眞子さまは心変わりされていないようだ。
    小室さんは相変わらず米ニューヨークでのセレブ留学生活を続けている。その厚遇ぶりは、宮内庁の抗議によって大学のホームページからはその文字が消されたものの「プリンセス・マコのフィアンセ」と呼ばれるのにふさわしい“ロイヤル待遇”といえる。

    【眞子さま、婚約延期も職場では「結婚します!」と幸せオーラ、小室さんは相変わらず、セレブ留学生活を続けている・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ