2019年09月



    (出典 lifevation.com)



    【秋元康 商法,AKB「デートチケット」販売発表 運営「誤解を与えた」謝罪→訂正・・・・】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    【地球温暖化は本当、「温暖化は嘘」は嘘?…5つの噂を科学的に検証、温暖化の100%は人間に由来 !??】の続きを読む



    (出典 johosokuhou.com)



    【台風で倒壊のゴルフ練習場鉄柱、都内業者「フジムラ」が無償撤去へ 涙を流す人も.・・・・】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)



    【新井浩文、女性従業員「4、5人」と性行為を告白!法廷で自身出演の“再現VTR”も流し「暴力や脅迫は一切やっていない」・・・・】の続きを読む


    怪談怖い昔話 第324話 揚松明



    (出典 tabi-mag.jp)


    城屋の揚松明'19

    (出典 Youtube)


     舞鶴(まいづる)にある雨引神社(あめびきじんじゃ)は蛇神さまとも呼ばれて、今でも八月十四日の夜になると、揚松明(あげたいまつ)を夜空にかかげる火祭りが行われています。
     これは、それにまつわるお話しです。

     むかしむかし、蛇ヶ池(へびがいけ)という池に、恐ろしい大蛇が住んでいて、村人たちを困らせていました。
     ある日の事、森脇宗坡(もりわきそうは)という侍の娘が、この大蛇に飲みこまれてしまったのです。
     怒った宗坡(そうは)は、娘のかたきを討つために、蛇ヶ池へと向かいました。
     宗坡が蛇ヶ池のほとりにやってくると、今まで静かな水面が急に波打ち始め、池の中から、それは大きな大蛇が姿を現して、口から火を吐きながら宗坡に襲いかかろうとしたのです。
    「お主が、娘の仇か!」
     そこで宗坡は、ここぞとばかりに手にした弓で矢を放つと、矢は見事に大蛇の右目を射貫きました。
     これに怒った大蛇が暴れ狂いましたが、宗坡は落ちついて、もう一本の矢を大蛇の左目に命中させました。
     両目をつぶされた大蛇は、どうする事もできず、ついに宗坡の槍でとどめをさされたのです。
     ところが宗坡は、心のやさしい侍で、
    「娘の仇にお主を倒したが、お主とて、生きるために食っただけのこと。もう、恨みはない。ねんごろに弔ってやろう」
    と、宗坡は大蛇の死体を雨引神社(あめびきじんじゃ)に運ぶと、ねんごろに弔ってやったということです。

     それから毎年八月十四日の夜、大蛇が火を吹く姿をした揚松明が、夜空に揚げられる様になったのです。
        おしまい






    このページのトップヘ