2019年10月



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    【日韓両政府が元徴用工問題で経済基金案検討????】の続きを読む


    日本のふしぎな話 第20話 龍神さまの掛軸



    (出典 pbs.twimg.com)


    むかしむかし、ある村の平吉(へいきち)という男が、一本の掛軸(かけじく)を手に入れました。
     この掛軸にえがかれているのは、雷のイナズマの中を天にのぼる墨絵(すみえ)の龍(りゅう)でした。
    「この龍はのぼり龍といって、天にかけのぼる勢いがあるので、とても縁起(えんぎ)の良い絵なんだ。持っていると、きっと良いことがあるにちげえねえ」
    と、平吉は一人でよろこんでいました。
     そしてこの掛軸を床の間にかけて、野菜や米と、毎朝くみたて水をさかずきに入れて、おまいりしているのでした。
     ある朝のこと、いつものようにさかずきの水を取りかえようとすると、水がすっかりなくなっているのに気がつきました。
     はじめはだれかがこぼしたのだろうと、あまり気にしませんでしたが、次の日も、その次の日もなくなっているのです。
    「まさか、この龍神(りゅうじん)さまは水を飲まねえだろう。なにしろこの体だ、もし飲むとすれば少なすぎる。・・・でも、もしそうなら、少し大きい茶わんにかえてやるとするか」
    と、冗談(じょうだん)のつもりで、一回り大きな茶わんに水を入れることにしたのです。
     ところが次の朝、茶わんを見ると、水はたしかになくなっていたのです。
     おどろいて家の者たちに聞いても、だれも知らないといいます。
    「龍神さまが飲んだとすれば、この龍は生きていることになる。・・・まさかな。きっと、ネズミかネコが飲んだにちがいない。・・・でも、もしもと言うことがあるな」
     その日の夜、平吉は寝ないで見張っていたのですが、次の朝、いつのまにか水がなくなっていたのです。
    「しまった、いつの間に! ・・・よし、見ていろ!」
     そんなことが毎日続いたのですから、平吉の目は血走り、ほおはくぼみ、まるで病人のような顔つきになりました。
     さて、ある夜のことです。
     平吉が今日もがんばっていると、うす暗いあんどんの光りを受けて、龍神さまが長い舌で水をなめている姿がボンヤリと見えたのです。
     平吉はビックリして、その日から寝込んでしまいました。
     それで心配した家の人は、平吉にないしょで、この掛軸を別の人にゆずってしまったのです。
     この掛軸をゆずり受けたのは、利平次(りへいじ)という男です。
     利平次は平吉の事は何も知りませんから、この掛軸を神だなのわきに下げると、うれしそうに毎日ながめていました。
     そのころ村は、日照りつづきでこまっていました。
     利平次は龍神さまは雨ごいの神であると聞いていたので、ある日、だれにも見られないようにして、
    「どうぞ、雨を降らせてください。せめて、おらの田畑だけでも」
    と、自分勝手な願いごとを言って、お神酒(おみき→神前にささげるお酒)をあげていのりました。
     するとその日の夕方、空はにわかに暗くなり、激しい雨とカミナリがおこったのです。
     昼寝から目をさました利平次は、滝のようなすさまじい雨とカミナリのあまりのすごさのに、その場で気を失ってしまい、そのまま寝込んでしまったのです。
     この話は、村中にひろがり、
    「あの掛軸を一人で持つと、とんでもねえことになるだ」
    と、村人が集まって、この掛軸を村の神社におさめることにしました。
     そしてその掛軸を龍神さまとして、うやまうことにしたのです。
     すると寝込んでいた二人の病人も、日に日に良くなっていったという事です。
       おしまい








    (出典 lpt.c.yimg.jp)



    【ローマ字、来年から「姓・名」順 文科相表明、民間に周知へ・・・・】の続きを読む



    (出典 taishu.jp)



    【舘ひろしは何位!?「ひろし」と聞いて思い浮かべる有名人ランキング・・・・】の続きを読む



    (出典 nordot-res.cloudinary.com)



    【ひきこもり、40代が最多 支援先は若年層が中心 ・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ