2019年11月



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    【「機関銃」で10発ほど撃たれたか 尼崎で「発砲」 神戸山口組の幹部が「死亡」・・・・】の続きを読む


    日本のふしぎな話 第50話  火正月



    (出典 j-town.net)


     むかしむかし、ある大晦日の夕暮れ、村の金持ちの屋敷に、空海(くうかい)という名の旅のお坊さんがたずねてきて、一夜の宿(やど)をたのみました。
     屋敷の主人は、お坊さんの身なりを見て、
    「明日はめでたい正月だ、きたない者に貸す部屋はないわい! 出て行け!」
     金持ちの屋敷を追われたお坊さんは、今度はとなりのあばら家に声をかけました。
     すると、あばら屋にすんでいるおじいさんが言いました。
    「わたしたちは貧乏(びんぼう)で、年越しの食ベ物は何もありません。あたたかい火だけがごちそうの『火正月(かしょうがつ)』でよかったら、どうぞ入ってください」
     いろりには、あたたかそうな火が燃えていました。
     お坊さんは、家にあがりこむと、
    「食べ物なら、心配はいらん」
    と、いって、背おっていた袋から何やら取り出して、お湯のわきたつなべの中に入れました。
     すると、グツグツグツと、香ばしい香りがします。
     なべのふたを取ると、おいしそうなぞうすいが、なべいっぱいに煮(に)えていたのです。
     その夜、おじいさんたちは、久しぶりにいい年越しができました。
     お正月の朝、お坊さんは、わらじをはきながら、
    「お礼をしたいが、何か欲しい物があるかね」
    と、二人に聞くと、
    「何もいりませんよ。ただ、できることならむかしの十七、八に若返りたいものですね」
    「おう、そうか、そうか。なら、わしがたったあと、井戸(いど)の若水(わかみず→元日の朝に初めてくむ水)をわかして、あびなさい」
     二人がお坊さんにいわれたとおりにすると、不思議なことに、おじいさんとおばあさんは、十七、八才の青年と乙女に若返ったのです。
     その話を聞いた金持ちは、遠くまでいっていたお坊さんを追いかけていって、
    「お待ち下さい。こちらに、よい部屋があります。ごちそうもあります。上等のふとんもあります。ささっ、どうぞ、どうぞ」
    と、むりやり屋敷に連れ込むと、お坊さんに寝る時間も与えずに、
    「わしらも、若返らせてください!」
    と、手を合わせました。
     お坊さんは、眠い目をこすりながら、
    「みんな勝手に湯をわかして、あびろ!」
     その声を待っていたとばかりに、家中の者がわれ先にと、お風呂に入りました。
     すると、みんな若返るどころか、全身が毛だらけのサルになってしまったのです。
    「ウキー!」
     サルになった屋敷のみんなは、山に走っていってしまいました。
     そこでお坊さんは、若返った二人を屋敷に呼び寄せて、
    「サルたちには、この家は無用(むよう→必要ないこと)じゃ。今日からは、お前たちが住むがよい」
    と、いって、また旅立っていったのです。
     その日から、二人は金持ちの屋敷で暮らすようになりましたが、困ったことに、屋敷には毎日のようにサルが入り込んできて、
    「わしの家、返せ! キッ、キッ、キー!」
    と、さわぐのです。
     人のよい夫婦は、サルが屋敷の元の持ち主であるだけに、気の毒やら、気持ち悪いやらで、夜もおちおちねむれませんでした。
     そんなある夜、二人の夢まくらに、あのお坊さんが現れて、こう教えてくれました。
    「サルが座る庭石を、熱く焼いておきなされ」
     そして次の日。
     そうとは知らないサルが、いつものように庭石にペタンとおしりをおろすと、
    「・・・ウキー! キッキー!」
     おしりをやけどして、山へ逃げていってしまいました。
     それからです、おサルのおしりが赤くなったのは。
     そして、若返った心のやさしいおじいさんとおばあさんは、大きな屋敷でだれにも気がねしないで、末長く、しあわせに暮らしたという事です。
       おしまい








    (出典 tk.ismcdn.jp)



    【菅官房長官認めた!「反社会勢力」がトレンドワードに…芸人アウトで政府OK???】の続きを読む



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)



    【フィギュア、不調続きの本田真凜 「引退」に備え、大手芸能事務所が抱え込みの準備か!!!!】の続きを読む



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)



    【橋本マナミ 1歳年下の勤務医と結婚 さびしんぼの会から交際2年弱・・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ