2019年11月



    (出典 i.ytimg.com)


    アジア

    (出典 Youtube)



    【日本、外務次官の謝罪のメッセージを韓国側に伝えていた 韓国の指摘に日本政府は抗議せず !???】の続きを読む



    (出典 ukilakuy.com)



    【ビットコイン販売代理会社「ビットマスター」が破産開始決定を受ける 被害者は2万2369人・・・・】の続きを読む



    (出典 www.sankei.com)



    【大阪小6誘拐の伊藤仁士容疑者は「安倍晋太郎」秘書の孫だった・・・】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    【19年の出生数が急減 1~9月、5.6%減の67万人 ・・・・】の続きを読む


    日本のふしぎな話 第49話 永平寺のマメ太鼓



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    むかしむかし、意地の悪い姑(しゅうとめ)さんと、おとなしくて素直(すなお)な嫁さんがいました。
     ある日の事、嫁さんが畑にマメをうえようとしている事を知った姑さんは、そのマメを生いりにしておきました。
     こうすると、マメは芽を出さなくなります。
     嫁さんはそのマメを見て少し変だと思いましたが、だまってマメをうえました。
     毎日毎日、マメの世話をするのですが、マメはいっこうに芽をだしません。
    「お前のうえかたが悪いから、一粒も芽がでないでないか」
    と、姑さんはいじわるく嫁さんをののしりました。
     しかしある日の事、一粒だけが芽をだしたのです。
     きっとその一粒だけは、運良くいられずにすんだのでしょう。
     そのマメはみるみる成長して、みあげるばかりの大木になり、数えきれないほどたくさんのマメがなりました。
     それをみた姑さんは自分のした事を反省して、それからは嫁さんをいじめなくなりました。
     仲良しになった嫁さんと姑さんは、そのマメの木で太鼓(たいこ)をつくり、永平寺(えいへいじ→福井県吉田郡永平寺町にある曹洞宗の大本山)に寄進(きしん)したという事です。
     その太鼓は今でも、永平寺の宝物の一つになっています。
      おしまい






    このページのトップヘ