2020年02月



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)



    【新型肺炎、各国、大規模対策費 シンガポール5000億円 米国2700億円 日本153億円・・・・】の続きを読む



    (出典 newsoku.blog)



    【リーマン級ショック❗ついに来た!NY株が1200ドル近い暴落、2008年10月以来の急落28日!!!】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    【全国の小中学校・高校に臨時休校要請へ 来週月曜日から 安倍首相が表明 !!???】の続きを読む



    (出典 lpt.c.yimg.jp)



    【大阪のツアーガイド、退院後に再び陽性…大阪府「再感染した可能性」と「体内に潜んでいたウイルスが再燃した可能性」!!!】の続きを読む


    日本の民話 第80話 牛になるまんじゅう



    (出典 shop.ng-life.jp)


    むかしむかし、あるところに、一軒のそまつな宿屋がありました。
     おばあさんがたった一人いるだけでしたが、とても親切そうなおばあさんだったので、時々泊まって行く人がいました。
     ところが不思議な事に、宿屋に泊まった人はみんな姿を消してしまうのです。
     そしてその宿屋では、お百姓仕事もしないのに牛を何頭も飼っていました。

     ある時、一人のお坊さんがこの宿屋に泊まりました。
    「よく来てくれました。さあ、ゆっくり休んで行ってください」
     おばあさんは、一生懸命お坊さんをもてなしました。
    (ほほう。見かけは悪いが、なかなか親切な宿屋だ)
     お坊さんはとても喜んで寝床につきましたが、その真夜中、ごそごそと音がするので目が覚めました。
    (はて、何の音だろう?)
     お坊さんは起きあがって、音のする方の部屋をこっそりのぞいてみました。
     すると、どうでしょう。
     おばあさんがいろりの回りに、せっせとごまの種をまいているのです。
    (おや? あんなところにごまの種をまいて、いったいどうするつもりだろう?)
     不思議に思いながら見ていると、床の上にみるみるごまの芽が伸びてきて大きくなりました。
     おばあさんはそれをつみ取り、何やらあやしげな粉と混ぜ合わせて、おいしそうなまんじゅうを作りました。
    (これは面妖(めんよう)な。しかし、あのまんじゅうをどうするつもりだろう?)
     お坊さんは怖くなって逃げ出そうと思いましたが、こんな真夜中では、どこへ行ってよいかわかりません。
     仕方なく部屋に戻って、夜が明けるまでがまんしていました。
     すると朝早く、おばあさんがお皿にまんじゅうを乗せて持って来ました。
    「お客さん、朝ごはんの代わりに、まんじゅうを食べてください」
    (ややっ。これは、あのまんじゅうに間違いない)
     そう思ったお坊さんは、
    「いやいや。ゆうべごちそうをいただいたから、まだお腹がいっぱいです」
    と、言って、断りました。
     するとおばあさんは、がっかりして部屋を出て行きました。
     その時、近くの部屋で、
    「モー」
    と、言う牛の鳴き声がしました。
     お坊さんがびっくりして駆け付けてみると、部屋からおばあさんに引かれた牛が出て来ました。
    「これはいったい、どうしたのです?」
     お坊さんが尋ねると、
    「なに、わたしの飼っている牛が、部屋に上がり込んでしまったんですよ」
    と、おばあさんはにこにこしながら、牛を庭の方へ連れて行きました。
     その時、牛の出て行った部屋をのぞいてみると、お客さんの荷物が置いたままです。
    (わかったぞ。あのまんじゅうを食べると、牛になるんだ)
     お坊さんの思った通り、おばあさんは宿屋に泊まったお客を牛にして、牛買いに売っていたのです。
    (なんて、恐ろしい事を)
     でもお坊さんは、何くわぬ顔で、
    「すまんが、今夜も泊めてもらいます」
    と、言って、宿屋を出て行きました。
     そしてお坊さんは町で本当のまんじゅうを買うと、その日の夕方、宿屋へ戻って来ました。
     すると、おばあさんは、
    「お腹が空いたでしょう。すぐに夕ご飯を作りますから、それまでこのまんじゅうでも食べていてください」
    と、言って、牛になるまんじゅうを出しました。
     するとお坊さんは、町で買ってきたまんじゅうをその横へ置き、
    「いや、わたしもまんじゅうを買って来たところです。おばあさんのまんじゅうもおいしそうだが、こっちも食べてみてくださいよ」
    と、言いながら、牛になるまんじゅうと素早くすり替えて、おばあさんに渡しました。
    「それなら、先にあなたのまんじゅうをいただきましょうか」
     そう言っておばあさんは、お坊さんに渡されたまんじゅうを食べました。
     するとその途端、おばあさんの姿はみるみる牛になってしまったのです。
     こうしてお坊さんは、恐ろしい宿屋の主人を退治したのでした。
       おしまい






    このページのトップヘ