(出典 blogimg.goo.ne.jp)



1 すらいむ ★ :2019/11/29(金) 10:50:17.09

火葬後の人骨解説を「やめてくれ」と思う人たち

 「ここは喉仏ですね」「病気だと骨がもろくてあまり残らないです」。
 火葬場でのお骨揚げの際、係員が「人体解説」をすることがある。
 これについて朝日新聞の「声」欄で「裸を見られているようで安らかな気持ちになれない」といった意見が寄せられ、議論になっている。
 朝日新聞からコメントを求められたジャーナリストで僧侶の鵜飼秀徳氏は「気持ちはわかるが、火葬場職員のプロ意識にも思いを巡らせてほしい」という--。

■お骨揚げ時の“人体解説”はプライバシー侵害なのか
 先日、朝日新聞からユニークな依頼があった。
 読者投稿欄「声」でコメントを寄せてほしいという。
 事の発端は、10月13日付同紙にて、「お骨揚げでプライバシー配慮を」というタイトルの投書が寄せられたことによる。

 そこには、「プライバシー侵害の最たるものに、火葬場でのお骨揚げがある。(中略)係員はお骨を前に、これは身体のどこの部分だとか、このような病気だと骨がもろくてあまり残らないなどと説明していた。丁寧な応答は理解できるが、病歴や骨格などには触れないでほしい」と書かれていた。

■「裸を見られているよう」“人体解説”を拒絶する人々の言い分
 担当記者さんが言うには、この投書に対し、読者から賛否の意見が多数寄せられたというのだ。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

プレジデントオンライン 2019年11月29日 9時15分
https://news.livedoor.com/article/detail/17452193/