日本のふしぎな話 第52話  おいてけぼり



(出典 auctions.afimg.jp)


むかしむかし、あるところに大きな池がありました。
 水草がしげっていて、コイやフナがたくさんいました。
 でも、どういうわけかその池で、釣りをする人はひとりもいません。
 それはあるとき、ここでたくさんフナを釣った親子がいたのですが、重たいビク(→さかなを入れるカゴ)を持って帰ろうとすると、突然、池にガバガバと波がたって、
「置いとけえー!」
 世にも恐ろしい声がわいて出ました。
「置いとけえー!」
 おどろいた親子は、さおもビクもほうり出して逃げ帰りました。
 そして長い間、寝こんでしまったのです。
 それからというもの、恐ろしくて、だれも釣りにはいかないというのです。
「ウハハハハハッ。みんな、いくじのない」
 うわさを聞いた、三ざえもんという人がやってきました。
「よし、わしがいって釣ってくる。なんぼ『置いとけえー』ちゅうても、きっとさかなを持って帰ってくるからな、みんな見とれよ」
 三ざえもんは大いばりで池にやってくると、釣りをはじめました。
 初めは一匹も釣れませんでしたが、
 ゴーン、ゴーン。
 夕ぐれの鐘が鳴ると、とたんに釣れて、釣れて、釣れて、ビクはたちまちさかなでいっぱいです。
「さあて、帰るとするか。さかなはみんな、持って帰るぞ」
 すると、池に波がガバガバガバ。
「置いとけえー!」
 恐ろしい声が聞こえました。
「ふん、だれが置いていくものか」
 三ざえもんは、肩をゆすって歩きだしました。
 ところが、しばらくすると、後ろからだれかついてくるのです。
 見ると、それはきれいな姉さまです。
 姉さまは、三ざえもんに追いつくといいました。
「もし、そのさかな、わたしに売ってくれませんか?」
「気のどくだが、これはだめだ。持って帰る」
「そこを、なんとか」
「だめといったらだめなんだ!」
「どうしても? こうしても?」
 姉さまはかぶっていた着物を、バッとぬぎすてていいました。
「置いとけえー!」
 姉さまの顔を見た三ざえもんは、ビックリしました。
 姉さまの顔は目も鼻もない、口ばかりの、のっペらぼう(→詳細)だったのです。
「えい、のっぺらぼうがなんじゃい! さかなは置いとかんぞ!」
 さすがは、ごうけつの三ざえもんです。
 しっかりさかなを持って、家に帰ってきました。
「ほれ、ほれ、帰ったぞ。たくさん釣ってきたぞ」
 三ざえもんは得意になって、おかみさんにいいました。
「こわいもんに、出会わなかったかえ?」
「出会った、出会った」
「どんな?」
 おかみさんが、ふり向いていいました。
 そして、ツルリと顔をなでると、
「もしかしたら、こんな顔かい?」
 とたんに、見なれたおかみさんの顔は、目も鼻もない、口ばかりののっペらぼうになりました。
「置いとけえー!」
 さすがの三ざえもんも、気絶(きぜつ)してしまいました。
 やがて、目をあけた三ざえもんは、しばらくなにがなんだかわからず、キョロキョロとあたりを見回しました。
 たしかに家へ帰ったはずなのに、そこはさびしい山の中で、さかなもさおも、ぜんぶ消えていたのです。
   おしまい