日本の民話 第76話 大飯食らいは損をする



(出典 hukumusume.com)


むかしむかし、お殿さまがかごにゆられて家来たちと散歩を楽しんでいると、一人で田んぼを耕している百姓がいました。
 百姓の名前は、『くいち朗』といいます。
 そのくいち朗に、家来の一人が尋ねました。
「これこれ、このあたりに金剛院(こんごういん)というお寺があるそうだが、どちらの方に行けばよいのだ?」
 すると男は、使っていたスキを片手で持ちあげて、
「それなら、あちらへ行きなされ」
と、スキで示しながら言ったのです。
 スキはとても重たい農機具なので、それをひょいと片手で持ち上げた百姓を見て、殿さまはびっくりです。
 そこで、家来に言いました。
「あの者に、名前を聞いてみよ。そして、どれほどの力があるか問うてみい」
 そこで家来が聞くと、
「へい。くいち郎と申します。そして力なら、そのお二人でかついでいるカゴを、一人で楽々かつげます」
 そう言ってくいち郎は両手で大きな石を持ってきて、かごの一方にくくりつけると、肩にひょいと担いでそのまま歩き出したのです。
 これには、殿さまも大喜びです。
「まことにすごい力じゃ。お前のような力持ちは、今まで見たことがないぞ。して、くいち朗、お前はどれほど飯を食うのだ?」
「そうですね。軽く三升は食べますが」
「ほう。一日に三升とはすごいのう」
「いいえ、朝、昼、晩毎に、三升食います」
「・・・・・・」
 これには、殿さまも言葉がありません。
「さてさて、力は強いが、その分、名前通りの大飯ぐらいだの」
 殿さまは、この男を家来に召し抱えようと思ったのですが、毎回それだけ食べられては、城の財政が破綻してしまいます。
「残念、残念じゃ」
 殿さまはそう言うと、城に帰って行きました。
 そして、この話を聞いた村人たちは、
「大飯食らいは損をする」
と、子どもたちに語り継いだそうです。
   おしまい