日本の民話 第200話 舞茸



(出典 www.photolibrary.jp)


 むかしむかし、京都の木こりたちが、大勢で北山(きたやま)に出かけました。
 木こりたちはいつの間にか道に迷ってしまい、お腹を空かせて途方にくれていました。
 すると突然、林の奥の方から人の声が聞こえてきたのです。
「助かった。あそこに人がいるぞ」
 木こりたちが駆け寄ると、そこに現れたのは五人の尼さんたちでした。
 ですが奇妙な事に、その尼さんたちは目を大きく見開き、手を振り、足を振り、面白おかしく踊っているのです。
 木こりたちは、何だか恐しくなってきました。
「何で、こんな所で踊りを?」
「もしやあれは、鬼か魔物ではなかろうか?」
「そうだ、尼さんの姿をした化け物だ!」
 木こりたちは、あわてて木の上に隠れました。
 でも尼さんたちは木こりたちの居場所を知っているように、踊りながらどんどん近づいてきます。
 そこで一人の木こりが、勇気を出して尋ねました。
「もし、そこの尼さま。こんな山中を、どうしてその様に踊り回っておられるのですか?」
 大声で笑いながら踊り狂っている尼さんたちの一人が、やはり舞い踊りながら答えました。
「不思議に思われるのは、当然です。
 実は私たちにも、どうしてよいのかわからないのですから。
 私たちは、この山寺に住む尼で、仏さまにお備えする花をつんでこようと出かけて来たのです。
 でもどうした事か道に迷ってしまい、お腹も空いてほとほと困り果てていました。
 そして、どうせこのまま死ぬのなら、せめてお腹だけでも満たそうと、そばに生えていたキノコを一口づつ食べたのです。
 するとそのキノコがとてもおいしく、この世の物とも思えないほどでした。
 それでまわりにあったキノコというキノコを、みんな食べ尽くしてしまいました。
 仏さまに仕える身でありながら、あさましく食べた天罰なのでしょうか。
 その不思議なキノコを食べ終わったとたん、私たちの手足は、ほれこの通り、勝手に踊り出して止める事が出来なくなったのです」
 話を聞いた木こりたちはびっくりしましたが、食べても死ぬ事がないのならと、残りのキノコを分けてくれる様に尼さんたちに頼みました。
「ですが、それは・・・」
 尼さんたちはキノコを食べる事を止めましたが、木こりたちがどうしても食べたいと言うので、仕方なくキノコの場所を教えてあげました。

 やがてその場所へやって来た木こりたちは、そのキノコをガツガツと食べ始めました。
「うまい。何とうまいキノコだ!」
 たしかにそのキノコは、この世の物とは思えないほどおいしいキノコです。
 たらふく食べた木こりたちは、お酒に酔った様にうっとりといい気持になってきました。
「ああ、いい気持ちだ。・・・おや? 体が?」
 そのとたん、木こりたちの手足が勝手に動き出して、気がつくと木こりは尼さんたちの仲間入りをしていたのです。
 尼さんたちと木こりたちの奇妙な一団は、踊りながら山中を歩き回りました。
 そして日が西に傾いた頃、ようやく手足は踊りをやめて、みんなは元の状態に戻りました。
 やっと、キノコの魔力が消えたのです。

 この事があってから、京ではこのおいしいキノコを舞茸(マイタケ)と呼ぶようになったそうです。
   おしまい