日本の怖い話 第25話  血染めの足型



(出典 i.ytimg.com)


 むかしむかし、高知県南国市の篠原(しのはら)という所に、渋谷権右衛門(しぶやごんうえもん)という郷士(ごうし→武士でありながら、農村で農家をする人)がいました。
 その渋谷の家には、お春という娘が女中奉公をしています。
 お春はとても美しく、とてもよく働く気だての良い娘だったので、主人の弟の藤四郎(とうしろう)という若者が、お春を嫁にしたいと言ってきたのです。
 ところがお春には、すでに結婚の約束をしている男の人がいました。
 愛しのお春に断られた藤四郎は、
「おのれ、お春め・・・」
と、恋のうらみから、好きだったお春をにくむ様になりました。

 そんなある日の事、お春が渋谷家に伝わる家宝の皿を洗っていると、藤四郎がお春に用事を言いつけました。
 その用事は大した物ではなく、お春は用事を済ませるとすぐに帰って来たのですが、でもそのすきに藤四郎が洗いかけの家宝の皿を一枚盗んで、どこかへと隠してしまったのです。

 皿が一枚足りない事に気づいたお春は、まっ青な顔で皿がなくなった事を主人の渋谷権右衛門に報告しました。
「何だと! あの皿一枚は、お前の命よりも価値があるのだぞ!」
 ひどく怒った渋谷権右衛門は、お春を殺してしまいました。

 それからです。
 この屋敷で、怪しい事が起り始めたのは。
 まずは夜中になると、どこからともなく若い女の皿を数える声が聞こえてきます。
「・・・一枚、・・・二枚、・・・三枚、・・・」
 そして最後の一枚足りないと、しぼり出すような声で泣くのです。
「ううっ、足りない。
 一枚、足りない。
 どうして?
 どうしてなの?
 わたしは、なくしていないのに・・・」
 その声に悩まされた藤四郎は高い熱を出して何日ももがき苦しみ、とうとうお春の殺された場所で死んでしまいました。
 すると不思議な事に、二人が死んだその場所に、お春の物と思われる血染めの足型が浮かび上がったのです。
 主人の権右衛門は家の者に命じて、すぐに血染めの足型をふき取らせました。
 しかし次の日になると、血染めの足型がまた現れました。
 血染めの足形は何度ふき取らせても、次の日になると再び浮かび上がります。
 これにはさすがの権右衛門も怖くなり、屋敷の西に『春喜(はるき)さま』と呼ばれる祠を建てて、お春の霊をまつったそうです。
    おしまい