妖怪・怪談


    怪談怖い昔話 第288話 エンコウ



    (出典 www.tosasuku.net)


    高知県ある地域では、むかしからカッパの事を『エンコウ』と呼んでいるそうです。
     そのエンコウは、川が大きな淵(ふち)になっているところに住んでいて、夜になると岸へ上って来ると言われています。
     そしてエンコウの歩いた跡は、とても生臭い匂いが残っていると言われています。

     さて、明治二十年のある秋の夕暮れに、力自慢の男が川にかかった板橋の上にさしかかりました。
     男が橋の上から川を見ると、今まで見た事もない動物が川上へ向かって泳いでいたのです。
    「これは、噂に聞くエンコウにちがいない」
     そこで男は、人間の頭ほどもある石を拾って、その動物に力いっぱい投げつけました。
     ゴチーン!
     石は確かに命中しましたが、日が落ちて暗くなって来たので、男はそのまま家へ帰ってしまいました。
     次の日、橋の下流の方でエンコウが死んで川岸に打ちあげられたと、大騒ぎになりました。
     そのエンコウは、頭の上に梅干しほどのくぼみがあり、手と足の指の間には水かきがついていて、とても嫌な匂いを放っていました。
    「どうする? このエンコウ」
    「どうするって、このままにしておくわけにはいかんだろう」
    「そうだな、たたられても困るし」
     そこで村人は占い師を呼んできて、どうすればいいのか占ってもらうことにしました。
     すると占い師にエンコウの霊が取り憑いて、こう言ったのです。
    「おらは、この川に住むエンコウじゃ。むかしからの言いつけで、あの橋から上流へは行ってはならんと言われていたが、おらはそれを破って、上流へ行ってみた。そして男に石を投げられて死んだのだ。おらが死んだのは、言いつけを破った罰だから、お前たち人間にたたることはない」
     そして石を投げて男も、他の村人たちも、エンコウにたたられる事はなかったそうです。
       おしまい







    怪談怖い昔話 第287話 人食い鬼の娘



    (出典 i.ytimg.com)


    むかしむかし、大阪のある村に、恐ろしい人食い鬼がいました。
     その人食い鬼には一人娘がいて、今日は初めて人間を食べる日なのです。
    「さあ、もうすぐここを男の人が通るから、襲いかかって食べるんだよ」
     人食い鬼の父親が言うと、娘の鬼は怖がって、
    「いやよ。人を食べるなんていや」
    と、首をふりました。
    「大丈夫、わしがついていてやるから。大体、人も食えんようでは、立派な人食い鬼にはなれんぞ」
    「でも・・・」
    「さあ、頑張るんだ」
     人食い鬼の父親は、一生懸命に、娘に言い聞かせました。
     するとそこへ、男の人が通りかかりました。
     きりりとしたなかなかの美男子で、それに力も強そうです。
     娘の鬼は怖いやら恥ずかしいやら、慌てて父親の後ろに隠れました。
    「ほら、何をぐずぐずしている。早く食わんか」
     人食い鬼の父親は、娘を男の人の前に突き出しました。
    「人食い鬼だ!」
     びっくりした男の人は、すぐに逃げ出そうとしました。
     すると鬼の娘は、手で顔を隠して泣き出したのです。
    「いや、人を食べるなんていやよ」
     相手は人食い鬼といっても、まだ可愛い娘だったので、男の人はなんだか可哀想になってきました。
     そこで鬼の娘に、やさしく言いました。
    「よしよし、もう泣くな。それよりも、わたしと腕相撲をしよう。もしお前が勝ったら、喜んで食われてやるよ。でもお前が負けたら、人を食うのをあきらめてくれ。いいね」
     そのとたん、鬼の娘はにっこり笑いました。
     娘は腕相撲が大好きで、これまで鬼の仲間に負けたことがありません。
     そして男の人と鬼の娘は、さっそく腕相撲をはじめました。
    「はっけよい。のこった!」
     ところが男の人の力はとても強くて、娘の腕は今にも倒れそうです。
     隠れて見ていた人食い鬼の父親も、とうとうがまん出来ずに飛び出してきました。
    「娘よ、何をやっている。相手はたかが人間だぞ。しっかりしろ。ほれ、今だ」
     でも男の人は強くて、鬼の娘は体ごとひっくりかえされてしまいました。
    「なんだ、なんだ。これでは人を食うことも出来んではないか」
     人食い鬼の父親は娘をしかると、男の人に言いました。
    「よし、それなら今度はつな引き勝負だ」
     そして持っていたつなの一方を男の人に渡すと、人食い鬼の父親は娘と二人で、つなを力一杯引っぱりました。
    「それ! 鬼の力を見せてやるわ!」
     それでも男の人が強くて、鬼の親子はずるずる引っぱられてしまいます。
    「おい! だれか手伝え!」
     鬼の父親の言葉に、どこからか二人の人食い鬼が飛び出してきて、一緒につなを引き始めました。
    「それ引け、わっしょい! それ引け、わっしょい!」
     四人の鬼は歯をくいしばって、つなを引きます。
     ところが四人ともずるずる引っぱられてしまい、あっという間に、男の人の方へ倒れ込んでしまいました。
    「たまげた! お前はなんて力の強いやつだ。とても娘の、いや、われわれ鬼の食えるような人じゃない」
     感心する人食い鬼に、男の人は言いました。
    「それでは約束通り、人を食うのをやめてもらうぞ」
    「わかった。約束は守ろう」
     それから人食い鬼は約束を守って、人を襲うことはしなくなったということです。
        おしまい







    怪談怖い昔話 第286話 淵の大グモ



    (出典 www.seikatsu110.jp)


     むかしむかし、ある村に、とても魚釣りの好きな男がいました。
     ある春の事、
    「そろそろ水も温かくなってきたから、魚がよく釣れるだろう」
    と、男は村はずれを流れる川の淵(ふち)へと、魚釣りに出掛けました。
     そして釣り糸をたれていると、どこからか小さなクモがやってきて、細いクモの糸を男の足の親指に巻き付けていったのです。
     やがてまた別のクモがやってきて、同じようにクモの糸を男の親指に巻き付けていきました。
     そしてまた別のクモがやって来て、糸を巻き付けていくのです。
    「さっきから一体、なんのつもりだ?」
     初めは大して気にもとめていなかった男も、次第に気味が悪くなって、クモがいなくなった隙に足の指に巻かれた糸をはずしては、近くにあった大きな木の切り株へ巻き直したのです。
     それからしばらくして、魚でビクがいっぱいになった男が、
    「さて、今日はこの辺で終わりにするか」
    と、立ち上がったその時、淵の中から
    「太郎も、次郎も、三郎も、みんなかえれ!」
    と、あやしい声がしたのです。
     するとビクの中の魚がいっせいに跳ねあがって、一匹残らず川の中へと逃げてしまったのです。
     そしてその後すぐ、さっきクモの糸をかけた木の切り株が、めりめりと音をたてて淵の中へ引き込まれてしまったのです。
    「あわ、あわあわあわ」
     男がびっくりして腰を抜かしていると、淵の中から、
    「罠から逃れるとは、かしこい奴め」
    と、不気味な声がしたのです。
     こんな事があってから、村人は誰一人この淵には近づこうとはしませんでした。
     でも、そんな事は知らない旅人たちは、年に何人かが、この淵の中へ引き込まれたそうです。

     さて、そんなある日、一人の旅のお坊さんが、この淵へとやって来ました。
     お坊さんが淵のそばの木の下で、のんびり腰を下ろして休んでいると、大きなクモが暗い茂みから真っ赤な眼を光らせて、お坊さんをにらんでいました。
     それに気づいたお坊さんは、
    「あはははは。そんなに大きな姿では、人間は怖がって逃げてしまうぞ」
    と、言いました。
     すると大きなクモは、シュルシュルシュルと、小さくなっていきました。
     するとお坊さんは、
    「なるほど。少しは神通力(じんつうりき)を、持っているようだな。だが、まだ大きすぎる。いや、それともそれがお前の力の限界かな?」
    と、言いました。
     するとクモは、またまたシュルシュルシュルと小さくなり、豆粒程の大きさになると、お坊さんの足下に近づいてきたのです。
    「ほほう。なかなかに小さくなったな。・・・では」
     お坊さんはそう言うと、豆粒ほどになったクモを足で踏みつぶしたのです。
     そして、つぶれたクモを川の中に蹴り入れると、
    「今まで何人の人間を食ってきたかは知らんが、しょせんはクモじゃ。簡単にだまされよったわい。せめて念仏を唱えてやるから、成仏するがよい」
    と、その場で簡単なお経を唱えると、お坊さんはまたどこかへと旅立っていきました。
    そしてそれから七日ほど過ぎたある日、川下で、ひと抱えもある大グモが、押しつぶされた形のまま浮びあがったという事です。
       おしまい







    怪談怖い昔話 第285話 音羽の池




    (出典:)



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    むかしむかし、佐渡が島(さどがじま)のお寺に、音羽(おとわ)という美しい女中さんがいました。
     ある日の事、音羽は山菜をつみに山へ行きました。
     そして夢中になってつんでいるうちに、音羽は山奥にある池のほとりまできてしまいました。
     着物の裾(すそ)が土で汚れてしまったので、音羽が池の水で洗っていると、いきなり若者が現れて言いました。
    「われは、この池の主の大蛇である。音羽よ、幸せにしてやるゆえ、われと夫婦にならぬか?」
     音羽は恐ろしくて、ブルブルと震えました。
    「もう一度言う、われと夫婦にならぬか?」
     再びたずねられた音羽は、早くその場から逃れたい一心で、つい、
    「はい、夫婦になります」
    と、いって、お寺へ逃げ帰っていきました。
     すると次の日の朝、白い馬をつれた使いの男が、お寺へ音羽を迎えにきたのです。
     もう逃げられないと思った音羽は、一緒に山へ向かいました。
     それを、和尚さんが見ていました。
    「はて。音羽のやつ、しょんぼりしながら、ふわふわと山へ登って行くではないか。どういうことじゃ?」
     和尚さんは、ひそかにあとをつけてみることにしました。
     和尚さんの目には、白い馬も馬をひく男の姿も見えないのです。
     山奥にある池のほとりにつくと、音羽が池の中に入って行くところでした。
     それを見た和尚さんはあわてて飛び出すと、音羽の体を後ろから抱きとめました。
    「音羽、何をするんじゃ! なぜ、身投げなどする気になったんじゃ!」
     和尚さんがたずねると、音羽は泣きながら、これまでの事を話しました。
     そして和尚さんを振り払うと、形見の鏡とくしを残して、池の中に飛び込んでしまったのです。
     このときから土地の人たちはこの山奥の池を、『音羽の池』と呼ぶようになりました。
     音羽の池には浮き島があり、浮き島にはきれいな清水が湧き出す井戸があります。
     音羽が池に飛び込んだのは六月二十三日と言われ、毎年この日には土地の人たちが池のほとりに集まって、音羽の霊をなぐさめるのです。
     このとき土地の人たちは、浮き島の井戸の中へ供え物のおせんべいを投げいれます。
     池の主と音羽が食べる分は、らせんを描きながら底に沈んで見えなくなりますが、それ以外は水に浮いてしまい、底には沈まないといわれています。
     また、この浮き島の井戸は日本海の海の底にある竜宮城にまで続いていて、音羽は今でもそこで暮らしているそうです。
        おしまい







    怪談怖い昔話 第284話 小僧の鬼退治



    (出典 otaru-denuki.com)


    むかしむかし、ある村に、人食い鬼が現れました。
     鬼は村の女や子どもをさらっては、山でボリボリ食べてしまうのです。
     この村のお寺の和尚さんは、朝から晩までお経をあげて、鬼から村を守ろうと一生懸命でした。
     しかし、そんな和尚さんのお経も鬼には通じず、村からはだんだん人が少なくなっていったのです。
     そんなある日の事、お寺の小僧さんが和尚さんに言いました。
    「和尚さま、おらを鬼退治に行かせてください。このままでは村から人がいなくなります。正直、どうやって鬼退治をすればいいかはわかりませんが、こうやっている間にも鬼はやって来るのです」
     それを聞いた和尚さんは、あわてて首を横に振りました。
    「何を言っとる。お前に鬼を退治できるわけがないだろう。行っても食べられてしまうだけだ」
    「いいえ、行かせてください」
    「駄目じゃ!」
    「絶対に行きます」
    「・・・・・・」
     とうとう根負けした和尚さんは、小僧さんにお寺の宝物の隠れみのとわらじを渡しました。
    「いいか。この隠れみのは、かぶれば姿が消えるみのじゃ。わらじは韋駄天(いだてん)わらじと言って、はけば風のように早く走れるわらじじゃ。むかし天狗さまからいただいた、この寺の大切な宝だが、お前にやろう。では、気をつけて行ってくるのじゃよ」
    「はい。ありがとうございます」
     小僧さんは隠れみのと韋駄天わらじを持って、元気よく鬼の住む山にむかいました。
     でもあまり元気よく山を登った為、途中でくたびれて眠くなってしまいました。
     そこで小僧さんは隠れみのを着て横になり、グーグーと寝てしまったのです。
     そこへ、運悪く鬼がやって来ました。
    「くんくん、おや? 人間の匂いがするぞ」
     匂いはしますが、人間の姿はどこにも見えません。
     そのとき小僧さんは、寝返りをうってしまったので、かぶっていた隠れ蓑から足を出してしまいました。
    「ははっ、見つけたぞ」
     鬼は小僧さんの小さな足をつかむと、そのまま持ちあげました。
    「しまった!」
     小僧さんは逆さにつるされたまま暴れましたが、鬼はそのまま住みかに連れて行くと、小僧さんを岩屋へと放り込みました。
     そして、どんぶりに山盛りのご飯を持って来て、小僧さんに差し出しました。
    「小僧、この飯を全部食っておけ。お前が丸々太ったところを食ってやるからな」
     鬼はそう言うと、どこかへ行ってしまいました。
     さて、一人残された小僧さんは、どんぶりいっぱいのご飯を見ながら考えました。
    (あせっては駄目だ。落ち着いて、いい方法を考えないと・・・。そうだ!)
     ある名案を思いついた小僧さんは、ご飯を岩屋のすみっこにかくしました。
     夕方なり、鬼はまたどんぶりいっぱいのご飯を持って来て言いました。
    「小僧、たーんと食え、どんどん食え、全部食え。お前は明日、おれさまの朝飯になるのだからな」
    「はい、おいしくいただいております」
     小僧さんはそう答えて、鬼が行ってしまうとまた、ご飯をすみっこに隠しました。
     そして朝がくると、小僧さんは隠しておいたご飯を着物の下のお腹のあたりにつめておきました。
     やがて鬼がやって来て、岩屋を開けました。
    「さあ、小僧。いよいよ食ってやるぞ」
     鬼が手を伸ばした時、小僧さんは大声で言いました。
    「鬼さん! 鬼さんは、人間の出来る事なら何でも出来るって本当ですか? おらを食べる前に、その証拠を見せてください!」
    「何だと! 生意気な事を言う小僧だな。人間のお前に出来て、おれさまに出来ない事などあるものか!」
    「それなら、これは、できますか?」
     小僧さんは小刀を取り出すと、
    「えいっ!」
    と、自分のお腹を切りました。
     すると着物が切れて、さっきつめたご飯がバラバラと出て来たのです。
    「どうです? おらは、腹を切って昨日食べたご飯を出すことが出来るのですよ」
     それを見た鬼は、ちょっとびっくりしましたが、でもすぐに小僧さんをにらみ付けて、
    「なんだ、それくらいの事か。このおれさまが腹を切ったら、今までに食った人間の骨がバラバラと出て来るわ」
    と、小僧さんから小刀を取り上げると、小僧さんの真似をして思いっきりお腹を切りました。
     そのとたん、
    「うぎゃーーっ!」
    と、叫んで、鬼は死んでしまいました。
    「やった! 鬼をやったけたぞ!」
     こうして見事に鬼退治をした小僧さんは、和尚さんにもらった韋駄天わらじをはいて、風のように寺へ帰っていきました。
        おしまい






    このページのトップヘ